アカイツキ*アカイツキ

コミケとかPSPとかディスガイアとかエヴァとか。
アニメやゲーム体験版等のレビューもたまに。
<< ファントム・キングダムの湯呑当たったよ | main | 邪悪学園学級日誌18【ディスガイア3】平穏な日々 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | -
    ウエルベールの物語第二幕#23感想
    0
      Gyaoで観るアニメ「ウエルベールの物語〜Sisters of Wellber〜第二幕」の
      感想的なものを今日も書いてみたいと思います。自分用あらすじとも言う。

      第一幕の感想はこちら、第二幕の感想はこちら
      第23話 暗殺の章

      死神蜂の入れ墨のある男が早速手配されています。
      王様、仕事早いね!
      リタは「これですぐ見付かりますね〜」と言ってくれるが、
      ティナはリタの兄・ローデンを疑っている……
      「気分が悪くなった」って兄さん怪し過ぎるよその顔はw
      そして次のシーンで早々とローデンが犯人だったよって描写が。
      ローデンの胸の入れ墨を見て確信したティナは、親友の肉親を殺すなんて
      できない……と葛藤する。
      ローデンが犯人の口笛を吹いていたのはミスリードなんじゃと
      先週は淡い期待を抱いてみたけど、残り回も少ないしストレートに犯人でした。

      ティナの復讐劇の裏で実はウエルベール侵攻が進んでいた。
      相変わらずの急展開っぷりに「これぞウエルベール」と言わざるを得ない。

      と思ったら次はティナとローデンがとうとう向き合う事に。
      ローデンが何故兵士になっていたのか過去を語ってくれたけど、
      つまりは「あのとき俺はちょっとどうかしてたんだ」みたいな事だったな。
      ティナの両親は巻き添えをくっただけっぽくて、ローデンが殺すのは
      誰でも良かったみたいな。ああ、可哀想なティナ一家。
      でも、何故入れ墨を入れていたんだろう、ティナのような目撃者が
      どこかにいるかもしれないのに、わざわざ入れ墨が見えるように上半身裸とか…
      ローデンが開き直ったりする事無く受け入れて「殺したければ殺せ」的な
      感じなのが良い。実は根っからの悪でした、ではゲルニアと同じだもんね。
      妙に悟っているようなローデン、嫌いじゃないなー。
      むしろ、復讐はし辛いかもしれないが。無抵抗の人を殺すのはね。

      ティナがローデンを撃てなかったところでシェリーが戦争を知らせに来た。
      ウエルベール王国は散々だ。
      ここんとこ毎回話を詰め込み過ぎな気がしないでもないね。
      ローデンはティナから逃げる気は無さそうだし、この場は一旦解散か。
      ティナ的には、ローデンを本当に殺すのかどうするのか答えを出すのが
      先延ばしになったみたいな感じか。
      さぁ、どうするティナ・ローター。…第二幕は完全にティナの物語だね。

      次回予告ではどうやら本格的に戦争のお話になっていくみたいですね、
      リタの顔の作画が歪んでいたのが少々気になりましたがw
      続きが気になる〜。早く観たい〜。
      anime | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        - | 14:12 | - | - | -









        http://rhythmred.jugem.jp/trackback/228

        + WHAT'S NEW?
        + CATEGORIES
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + ARCHIVES
        + 書庫@COMIC DASH!
        コミックダッシュ! rhythmred の所有コミック
        + ゲームバーゲン
        + 魔界戦記ディスガイアD2応援!
        + 楽天
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + SPONSORED LINKS
        + PROFILE