アカイツキ*アカイツキ

コミケとかPSPとかディスガイアとかエヴァとか。
アニメやゲーム体験版等のレビューもたまに。
<< エヴァ缶買い忘れた | main | 【DA】またしてもドラグナーズアリア話 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | - | - | -
    2007年の漫画ナツ100 ランク外作品紹介2
    0
      漫画ナツ100に選んだ漫画から300位以下になってしまった作品の残りを紹介。
      この辺に説明とか他に選んだ作品の紹介とかありますです。


      「どろろんぱっ!」室山まゆみ
      おばけの女の子とお坊さんの孫が同居するドタバタコメディ。
      室山先生の漫画はどれも一話完結で読み易い。
      この漫画は他にも落ちこぼれ天使やお坊さんも出てくるけど宗教臭は無い。
      お坊さんの孫のあんこがおじいちゃんからもらったお数珠を使って
      おいたが過ぎたお化け小町をお仕置きしたり、ノリは少年漫画かも。
      「あさりちゃん」と違って完結してます。ちゃんとしたストーリーの
      最後が存在します。

      「Mr.ペンペン(てんとう虫コミックススペシャル 室山まゆみ傑作集2)」室山まゆみ
      上と同じ作者のコミックス。単発で二回位アニメ化もされたよ。
      ペンギン王国の王子が人間界に修行に来て、主人公ミカの家に居候する話。
      主人公コンビどちらも勉強が苦手なのが他の室山漫画と違うね。

      海の闇、月の影 (1) (小学館文庫)
      「海の闇、月の影」篠原千絵
      サスペンス。少女漫画というよりある意味昼ドラ的。
      本当読み出したら続きが気になったぢょーがないと思います。
      「闇のパープルアイ」よりSF的?まぁ超能力の話だし。壁抜けたりね。
      でも何故かこの人の漫画はリアルなんだよなぁ。あり得ない設定なのに。
      あんまりじめじめ感は無くてどちらかと言えばひんやり冷たい雰囲気。
      …最終巻を読んだ記憶が無いのですが…コミックス揃えたい。

      TKman 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)
      「TKman」柴田亜美
      復刊.comでリクエストされててビックリした。普通に売ってないか?
      特に古h(ry
      柴田先生ファンには知られてないような気がする、小室哲哉漫画。
      そう、あの小室さんが何故か漫画になってたわけですよ。意味分からんw
      まぁそこは柴田亜美なのでTKとは程遠くも面白くなってますよ。
      今読むと小室さんの二人目の嫁さんと三人目の嫁さんが出てて怖いwww

      魔界戦記ディスガイア 1 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
      「魔界戦記ディスガイア」神堂あらし
      ゲーム「魔界戦記ディスガイア」のコミカライズ。
      原作絵に似てないし主人公の家来はオリジナルデザインで原作好きには
      とっつきにくいかも。個人的にはギャグのノリが好きで気に入ってる。
      ストーリーは、天界vs魔界という筋以外違うので、ちょっと同人ぽいかも?
      他の神堂さんの漫画も読んでみたいなぁと思わせる作品ではあったよ。


      「魔界戦記ディスガイア2」へかとん
      ゲーム「魔界戦記ディスガイア2」のコミカライズ。
      ↑とは描いてる人も掲載誌も違う別作品で、特に続いてません。
      へかとんさんの絵はそこはかとなくむちむちでエトナ様もえろいです。
      まだ連載中で完結してないのでどーなるか分かりませんが、今のところ
      どうやら↑の作品と違ってこちらは原作に忠実な感じ。
      1話が電撃「マ)王のサイトで立ち読み可能なので皆様是非!!

      ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (1) (スピリッツとりあたまコミックス)
      「ぼくんち」西原理恵子
      西原さんは恨ミシュランみたいな毒舌日記風漫画も有名だけど
      やっぱこの人の叙情漫画って凄いよね。
      何であの絵で(失礼)こんなに泣けるのか。
      ちなみに映画版はちょっと…これどうなの…みたいな感じだったので
      決してオススメできない。

      はれた日は学校をやすんで (アクションコミックス)
      「はれた日は学校をやすんで」西原理恵子
      タイトルになってる漫画は↑と同じく創作の漫画なんだけど
      単行本後半はいつもの西原さんだったりw 何かカオスな本。
      「はれた日は〜」は女子中学生の悩みとかがテーマ。
      実際、小学館学年誌とかに連載してたはず。

      ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。
      「ダーリンは外国人」小栗左多里
      これをナツ100に選んだ人はいなさそうな…漫画エッセイ。
      漫画ヲタ以外の一般層に売れてるんだと思います。
      絵がシンプルで可愛い。もうちょっと書き込んでも良いと思うけどw
      一番の魅力は何といってもダーリンのトニーさん。
      この方、きっと外国生まれじゃなくても変わってて面白いと思うよ。
      二人の関係性とか、ライフスタイルとか、憧れるなーっと思って読む本。

      おとなのしくみ (4) (Beam comix)
      「おとなのしくみ」鈴木みそ
      毎回いろんな業界のしくみを暴く日記漫画。
      今思えば「銭」に通じるところがあるんですね。
      でも「銭」より明るくギャグ漫画調で説明しているので読み易いかと。

      修羅の門 (1) (講談社漫画文庫)
      「修羅の門」川原正敏
      今で言うところの総合格闘技の漫画。連載開始時は総合って無かったらしい。
      いろんな格闘技の選手が集まって戦って強さを競うのは、当時あり得なかった
      夢の世界だったとか。主人公は陸奥圓明流と言う武道の流派を守る格闘家。
      この作品、実は未完(一応切りの良いところでは終わってる)。
      作者が読者の反応に納得行かなくて描くのを止めたそうです。。
      続き、待ってるんだけどなーーー

      修羅の刻(とき)―陸奥円明流外伝 (1) (講談社コミックス (293巻))
      「陸奥圓明流外伝 修羅の刻」川原正敏
      こちらは↑の外伝。主人公も時代背景も違うので(祖先だけど)
      ↑の「門」とシリーズ扱いにされて1票扱いだったら切ないなー。
      陸奥の祖先が、実在の強かった人物と戦ったりして勝っちゃう話。
      「門」に比べて心理描写というか物語がドラマチックですね。
      史実に陸奥をパズルのようにぴったり当てはめてあるのは凄いよ毎回。


      さてこれで私の漫画ナツ100も終わりました。
      また来年があれば参加してみたいですね。


      関連記事 : 2007年の漫画ナツ100 ランク外作品紹介1(07/09/19)
      関連記事 : ナツ100の順位が出たそうです(07/09/12)
      関連記事 : 漫画ナツ100 エントリー(07/08/11)
      comics | 15:18 | comments(0) | trackbacks(1) | -
      スポンサーサイト
      0
        - | 15:18 | - | - | -









        http://rhythmred.jugem.jp/trackback/95
        http://g-manga.info/8A4382CC88C581418C8E82CC8965/
        海の闇、月の影『海の闇、月の影』は週刊少女コミックで連載されていた篠原千絵の漫画作品またはそれを原作としたOVA作品。コミックスは全18巻(文庫版全11巻)、イメージアルバム、イラスト集も発売された。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:W
        | このマンガが読みたい! | 2007/09/29 10:04 PM |

        + WHAT'S NEW?
        + CATEGORIES
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + ARCHIVES
        + 書庫@COMIC DASH!
        コミックダッシュ! rhythmred の所有コミック
        + ゲームバーゲン
        + 魔界戦記ディスガイアD2応援!
        + 楽天
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + SPONSORED LINKS
        + PROFILE